氷りく杯使用構築

こんにちはルシャです。今回はりくくん主催の氷りく杯に参加しました。

 

ルールはりくくんのブログいって見てきて下さい。URL貼るのはだるいです。

 

f:id:rushapoke:20180805222956j:image

 

構築経緯

 

6パートナーズ

・嫁ポケ枠としてクレッフィは確定

・主催煽り枠としてサンダー、ファイヤーを採用

・ここまでで電気と岩が一貫してるのでそこに強くメタゲームにおいて汎用性の高そうなガブリアスを採用

・このルールにおいて5ジョーカーズからのキノガッサがめちゃくちゃ強いと感じたのでキノガッサに強く、型の豊富なジャローダを採用

・メガ枠余ったからクレッフィとの相性が良く重いポケモンを道連れで強引に処理することの出来るゲンガーを採用

 

5ジョーカーズ

・さっきも言った通りこのルールにおいてジョーカーズからのキノガッサがかなり強いと感じたのでとりあえずガッサを採用

オニゴーリ嫌いだからオニゴーリに強いフリージオを採用

・最近ニドキングに愛着湧いてるからとりあえずニドキング採用

・6パートナーズで重いテテフやナットに強く出れるジバコイルを採用

・ここまででミミッキュが重いと感じたのでミミッキュに強いムドーを採用

 

 

 

 

1回戦VSぷる

f:id:rushapoke:20180805223034j:image

(カミツルギ→カプ・コケコ)

(自分はサンダー→ジバコイル)

 

パーティ見た瞬間に圧倒的なパーティパワーの差を感じた。カバマンダ+水Zゲッコウガor霊Zガルドでうちのパーティが壊滅しそうだったのでこいつらが来ることを想定してメタを張った。

カバルドンにステロ撒かせると竜舞マンダが止まらなくなるため、初手にカバルドンを呼んでそのカバルドンを一撃で倒そうと考えて草Z(ソーラービーム)ファイヤーを採用。ファイヤーで勝てないボーマンダに対して対面から殴り勝てなおかつカバマンダの選出を誘導できる冷静HC両刀メガガブリアスを採用。ここまででゲッコウガに勝てないのでゲッコウガを処理できなおかつストッパーになれる頑丈チョッキジバコイルを採用した。それ以外は出す気なかったから適当な個体。

 

初手ファイヤーガルド対面で相手がカババックしてくれたので予定通り草Zで破壊したあとメガガブで適当に場を荒らしてジバコイルで締めて勝ち。相手の選出が予想通りだったしメタが上手く機能して良かった。

 

 

 

2回戦VSえみつき

f:id:rushapoke:20180805224424j:image

(フーディンドータクン)

(自分はゲンガー→ジバコイル)

 

ガブリアス+メガ枠+ブラッキーorジョーカーズの並びでサイクル戦をしてくると思ったのでそこに強くなるようにメタを張った。

まず、選出誘導をかけてリザードンを誘った。理由はアンコールを持ったフーディンが面倒だったから。ガブブラッキーを起点にできる瞑想電磁浮遊クレッフィリザードンに後出しから勝てる最速スカーフガブで勝とうと考えた。

 

選出段階でフーディンがいなくて驚いたがフーディン出てこないのはこっちにとっては好都合。予定通りガブでリザードン突破した後クレッフィでガブを突破。最後はフーディン対策でガブに採用した噛み砕くのおかけでドータクンを突破することができ、勝利した。ファイヤーは選出したけど何もせずに死んだ。まあ勝ったからよき。

 

 

 

3回戦VSといこ

f:id:rushapoke:20180812235321j:image

(ジャラランガ→テテフ)

(自分はファイヤー→ガッサ)

自由枠ミミッキュ馬車ジャラランガの中から3体が選出されると予想し、なおかつ自由枠から来るポケモンは積みの起点を作れるポケモンだと予想しメタを張った。

選出段階でジャラランガがいないことに驚く。ジャラランガいないから嫁ポケのクレッフィはお留守番確定。壁テテフ+バシャーモ+ミミッキュと予想してがんぷう瓦割りガブリアス+飛行Z物理サンダー+襷ガッサを選出した。

初手ガブバシャーモ対面。守られて球めざ氷打たれたがこちらのガブはヤチェなので耐えて返しの地震バシャーモを突破。死に出しで出てきたサメハダーの守る→噛み砕くで突破され、2加速されるもガッサ死に出し→マッパで処理。死に出しでミミッキュ出てきてお相手の降参。

自由枠からアローラキュウコンが採用される可能性があると思ってガブにヤチェ持たせてたんだけどなんか刺さって良かった。せっかく物理サンダー作ったのに出番がなくて残念。

 

 

 

勝戦VSくー

f:id:rushapoke:20180824091600j:image

(キノガッサマンムー)

(自分はサンダー→ジバコイル)

 

氷りく杯の決勝戦は闇べす杯3連覇のくーVSくーの4連覇を阻止して第4回大会を制した僕との因縁の対決となった。

 

僕のパーティに対してルカリオの通りが悪く、カバルドンが刺さってると思ったので相手の選出はカバリザ@1だと予想した。@1のポケモンはABミミッキュor襷ゲッコウガorジョーカーズだと予想してメタを張った。

初戦と同じように初手にカバルドンを誘ってファイヤーの草Zで処理しようと考え、草Zファイヤーを採用。カバの選出を誘えてかつ死に出しのリザードンに対して後出しから勝てるスカーフガブリアスを採用。ジョーカーズからはゲッコウガミミッキュに対してそれなりに強いチョッキジバコイルを持っていくことにした。

 

 

くーのジョーカーズはマンムー。うちのパーティのポケモン全員に弱点を付けるマンムーを出さないわけがないと思い予定していた選出を諦める。マンムーにある程度抵抗でき刺さりも悪くない電磁浮遊毒クレッフィ、何が来てもある程度仕事のできるスカーフガブリアス、重いマンムーを上から殴って起点にできるリフスト破壊光線Zジャローダを選出した。

序盤はクレッフィの電磁浮遊が刺さり勝てそうな展開だったが、1度サイクルを回すとマンムーへの受け出しが出来なくなり負けてしまった。対戦終盤に負け確の場面でジャローダミミッキュ対面で見せたいがために打った胃液が化けの皮には無効だったのが1番悲しい。

(優勝してめいたんに絵描かせたかった...)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで僕の氷りく杯は準優勝という結果になりました。普段使わないポケモンばかりでなんならファイヤーなんかはじめて育成したレベルだったけど決勝まで勝ち上がることが出来て良かったです。やっぱりメタゲームは楽しい(o^^o)

 

 

主催のりくくん、対戦してくれたみなさん、ありがとうございました。また身内主催のメタゲーム大会あったら参加しようと思います。